建築業界から飲食業界へ

建築業界で培った体力を飲食業界への転職に役立てる

飲食業界には、常に大勢の人が集まっていて、経歴や前職についても多種多様となっています。飲食業界へ転職を図る人の中には、建築業に携わっていた人なども多く見られます。

建築業界の場合には、特に現場の仕事は、からだを動かすハードワークになります。個人で事業主になる事を目指す場合にも、からだを酷使しながら長期間の勤務に励む事が求められます。現場によっては、上下関係が厳しい場合もあれば、仕事を覚えるのも厳しい口承の場合もあります。そのため、若い人の中には、別業界への転職に踏み切るケースなども増えている現状となっています。建築業界から飲食業界への転職を図る場合、得になる事があります。それは何といっても体力勝負になる点が挙げられます。建築現場の場合には、気候の変化にも対応しながら、作業に従事する事が必要になります。暑さ・寒さを感じない屋内でのデスクワークとは異なります。からだを動かす事で、目標を達成していく事ができます。高所や危険な場所での作業などになる場合もあります。

片や飲食業界での作業は、営業職などは別にすると、からだを動かす事、接客などが基本となっています。からだを動かす事に両者とも相違はありませんが、現場作業をしていた経験は、かなり役立つといえます。転職をする際、異種業界への場合には、やはり慣れるまでにはある程度の期間が必要になる事はあります。しかし、飲食業界の場合には、接客や調理補助等であっても、比較的未経験からの参入も多く見られます。それだけ馴染み易い業界であるともいえます。

ただ、建築業界から転職する場合には、まずは接客の基本を学ぶ必要はあります。ホールスタッフなどから始める人も多いですが、笑顔で接客し、店舗の回転を上げていく事が売上・給与にも響いてきます。体力勝負は同じでも、賑やかさや、活気のある店舗状況などは把握しながら、作業を効率よく実施する様にしてください。建築業界から飲食業界に転職する場合、接客以外にも、料理人として、調理現場を希望する事があります。未経験の場合には、やはり下積みからの修業が必要になります。体力は大いに役立ちますが、調理師免許を取得するなども必要になりますので、調理現場で実践を十分に学ぶ様にしてみてください。実践的な就業をし、学科試験などに合格する事で、料理人としてのスタートを切る事ができます。

飲食業界で身を立てていくには、体力は勿論重要になります。売上を上げていくためには、集客も重要になります。基本となる接客力を向上させていく事で、人脈も構築されていきます。店舗内容と同時に、人脈についても大切にしてください。